上手なキャッシング術

2019年01月12日(土)
【そのカードローンという名前からわかるように、A】
そのカードローンという名前からわかるように、ATMを利用してカードでお金を受けとる方法が主流です。


ところが、ネット利用が広まったので、銀行口座への振込みを利用して借入する人も増えました。


この頃は、携帯電話、または、スマートフォンからインターネットを使えるので、即座に指定口座への振込みサービスを行う会社もあります。


携帯電話料金やクレジットカードの滞納は事故歴として残ってしまいますが、税金の滞納については特に問題なくキャッシングで融資を受けられます。


税金は延滞金の利率が高く、キャッシングで借りたお金を税金の支払いに充てる人もいます。


住民税などの税金はもちろん、健康保険や年金などの支払いを放置したままでいると、財産が差し押さえされるケースも少なくありません。


ですから、税金の未納はキャッシングしてでも払った方が良いのです。


それに、自治体に相談すれば月々の支払いが楽な分割納税になったり、条件によっては減税措置を取ってくれるかもしれません。


後回しにして放置するのは厳禁です。


手軽にキャッシングしてしまう前に、業者をそれぞれ比較することで、慎重に選択しましょう。


金利というのは最も大切なポイントですが、返済の手段や返済が遅れた時の遅延損害金なども調べてください。


近頃では、初回限定で、一定の期間ならばゼロ金利のところも存在しているので、キャッシングを利用する前に確認が必要です。


借金に慣れていない人が陥りやすい問題をお教えしましょう。


それほど難しいことではありません。


基本は、このくらいなら返済できると思っても、見栄を張らず1回の金額を出来る限り抑えることです。


お金を返すということは実に不思議なもので、返し始めには相手への感謝の気持ちが勝っているため、ちょっとぐらい高めの設定になっていても、頑張って返さなくてはという思いのみで楽に捻出していけます。


そうは言っても、思い通りにいく訳ないのが、この世の常です。


返済の計画というものは、最初に決めた額をただ機械的に払い続けることしか求めておらず、返す人の状況など考慮の対象外なのです。


どんな状況に陥っても返済を続けられるよう、更にもう一声下げた金額にするといいです。


かなり低い金額設定にに戸惑いもあるかもしれませんが、それこそが完済への近道になることは間違いありません。


一見すると、似たような機械なので、詳しくない人から見ると同じように見えてしまうらしいのですが、キャッシングで使われる無人契約機とATMとは、その用途が全く違います。


契約機でキャッシングに申し込む場合、画面の指示に従って機械を操作するのですが、手続きや審査をしているのは人間ですから、全てが無人というわけではありません。


リアルタイムで申込の様子を確認されていますし、質問されたり、やり取りが皆無というわけではありません。


審査の厳しさは有人の場合と変わりませんし、嘘は簡単に見抜かれてしまうでしょうし、大きなペナルティが付きます。


12:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++