上手なキャッシング術

2019年02月11日(月)
【借金は総量規制によって、借入可】
借金は総量規制によって、借入可能な額は制御されてしまいます。


借入が有り無しによっても変わりますから、可能であれば借金を少なくしてから、申し込みをするようにしてください。


年収の、3分の1以下しか借りられないことは知っておいていただきたいです。


大手はWEB上に仮審査用の入力画面を設けています。


ここに必要情報を打ち込めば、借入れ可能な状態かすぐに判定されて表示される仕組みです。


かと言って、こちらの年齢や収入額、その他からの借入の有無や金額、借りたい金額などの項目も少ない手軽さ重視な審査なために、借入可能の表示が出たとしても、後々借入を断られる場合もありえます。


それを基準として後に活かしてください。


キャッシングの金利は日割り計算を使っているので、借入金を早く返済できれば、かかる利子も少なくなります。


利息の計算方法を頭に入れておけば、例え、ちょっとしたことでキャッシングを使っても、できるだけ早く返せば余分な利子を払わなくて済むので、気軽に利用できます。


可能なかぎり借入期間を伸ばさないことがより便利にキャッシングを活用する際のポイントなのです。


キャッシングは給料日前の金銭工面など、つなぎのために利用するのに最適だと言えます。


キャッシングとカードローンはどちらも金融機関からお金を貸してもらえるサービスですが、何がどう違うのかしっかりと理解できていないという人も珍しくありません。


どのような違いがあるかと言うと、キャッシングは、借入限度額が数万円から数十万円と少なくなっているので、一括返済が基本です。


一方、最大で数百万円までの借入限度額がある大口融資で、一括返済ではなく分割して返済するものをカードローンと呼びます。


大口融資に対応したカードローンは、審査に通りにくいと言われています。


キャッシングも普通のローン同様、返済方法を選ぶことができるのをご存知ですか。


一括(全額)、分割(借入額を月割)、リボ(借入額にかかわらず毎月定額返済)があります。


資金に余裕があれば、一括返済が良いでしょう。


借入期間が短いので同じ年利ならお財布には一番やさしいです。


一方、分割払いにもそれなりのメリットがあります。


返済期間が長いので利息分の支払いが増えますが、月々定額のリボルビング、複数回分割などによって支出額が明確になるので、収入に対する支出を、無理のない程度に抑えることができるのです。


自分のライフスタイルにフィットする支払い方法を選択すること。


それが最もストレスなくキャッシングを使うコツでしょう。


13:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++