上手なキャッシング術

2019年11月08日(金)
【もしお金の準備ができなかった場合でも、自分の】
もしお金の準備ができなかった場合でも、自分の都合で支払いをせずに、長期間そのままにするのは絶対にしないことです。


支払いに遅れるとすぐに信用情報に記録されて、それが長期にわたってしまうと、ブラックであると認識される結果になります。


ブラックの状態では、今現在の借入金の一括返金を要求されるのに加えて、他業者のローン契約なども全てできなくなるのです。


ネットが普及したせいかどうか知りませんが、近年のカードローンはコンビニの銀行ATMを使えば年中無休で借りることができて、手軽に利用できて良いと思います。


普段、お給料を下ろすのにつかっているATMで借りれるので、「今、お金借りてます」的な不自然さがないところが便利を通り越して『神』です。


でも、自分の銀行口座と同じ感覚なので、つい頼りがちになってしまうのが困りものです。


でも、これはもう本人の問題であって、カードローンが悪いのではないですよね。


キャッシングをした後3ヶ月滞納すると、裁判手続きをすることとなります。


と書かれた書面が送られてくるのです。


返済が滞っても、電話連絡が届くだけなのでつい無視を決め込んで返済を遅らせてしまいます。


でも裁判という文字が書面にあると、恐ろしくなりそのまま無視はできません。


もし、生活費をキャッシングするのであれば、利用するのはなるべく最低限の金額にして、十分に返済可能な額にしておかなければ、後で返済に悩まされることになります。


ちょっとの生活費だからと甘く見ていてはいけません。


その小さな繰り返しが気づけば高額になっていた、なんてことも少なくはないので、キャッシング頼みにならないように注意しなければなりません。


キャッシングを利用する際の心構えとして、返済計画を考えてから行動に移しましょう。


日頃の生活だけで手一杯の時に限って海外旅行などに誘ってくる人がいるものです。


割とありがちなことですね。


一般人ならば、海外旅行なんて続けて何度も行けることはないでしょうし、チャンスを生かしたいものです。


そのためにキャッシングの利用も検討しましょう。


今までキャッシングでお金を借りたことがない人だと、30日までなら、金利なしで借りられる消費者金融のプランを利用してみるのも良いでしょう。


16:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++