上手なキャッシング術

2020年09月16日(水)
【実際のところ正社員ではないアルバイ】
実際のところ正社員ではないアルバイトの人でも、規則的な収入があるのなら、カードローンで現金を調達できますが、世間的に安定しているとされる会社員に比べたらやはり審査は厳しくなってしまいます。


なお、今の仕事がアルバイトだったら今の職場での勤続年数がキーポイントです。


規則的な収入がきちんとあることがカードローンの審査基準の一つであるため、もし仮に収入が同じだったとしても、同じ仕事場で長く働いているほど一定の収入が保証されていると判断されるようです。


本人かどうかの確認手段として暗証番号をカードローンなどの申し込みの時にも自分で決めて、書類に記入しますが、自分以外の誰かにバレたり、番号がわからなくならないことが重要です。


自分以外の誰かに知られたら、誰かにカードを持ち出され、勝手にキャッシングをされてしまうかもしれません。


万が一、番号がわからなくなったら、自身の身分を証明できるものを持ち、店頭窓口とか自動契約機まで行ったら、新たな暗証番号設定を行うことができます。


皆さんご存知のように、現金を借り入れることをキャッシングといいます。


銀行や消費者金融が提供しているキャッシングサービスを利用する場合と、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って現金を貸してもらうことです。


借入金には利息を付けて返す必要があります。


利息の計算方法はクレジットカードのものと同じなので、一回払いだとしてもお金が口座から引き落とされるまでにかかった日数で、日割りの金利が付きますから、注意が必要です。


近頃は、キャッシングしたい女性のために女性でも利用しやすいサービスに力を入れている会社が増えつつあるようです。


どのような点が女性向けなのかというと、オペレーターや店員が女性のみであったり、女性だけを対象にしたサービスだったりするのです。


世間で言われているように、金利が安く審査基準が甘いといったことはありません。


ですが、キャッシングの理由や収入などの言いづらいことも、女性が相手なので話しやすく、連絡がある時も女性の名前なので、同居する家族などにキャッシングしていることを知られにくいでしょう。


今キャッシングサービスを利用しているけれど、他の業者からも追加でお金を借りたいと考えたことはありませんか?しかし、他社のキャッシングサービスに申込をすると、条件次第ではお金を借りられないといった話もよく聞きます。


借入件数が増えれば増えるほど、契約成立は難しくなるでしょう。


複数契約によって総量規制に抵触したとも考えられますが、むしろ、借入件数が多い程、返済能力を超える可能性が高いと思われてしまうようです。


07:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++