上手なキャッシング術

2021年02月23日(火)
【すでにご存知かもしれませんが、キ】
すでにご存知かもしれませんが、キャッシングの返済方法は、一括返済と分割返済に分かれています。


一括(一回)で返済すれば、分割より期間も短く利子分の節約になり、トータルで安く済むのです。


私の場合は一括はムリなので、利息分の負担は増えますが、素直に分割払いを選択しています。


月々定額のリボルビング、複数回分割などによって支出額が明確になるので、収入に対する支出を、無理のない程度に抑えることができるのです。


自分のライフスタイルにフィットする無理のない返済方法を見つけることがストレスなくキャッシングを使うコツでしょう。


金融機関の提供するキャッシングサービスに申し込む場合に必要な書類は二つです。


その一つは本人確認書類です。


実際には、殆どの人が運転免許証を使っているようです。


また、所有していない人は、パスポートや健康保険証といった公的に発行されたものを準備しておきましょう。


次に必要なのが、収入証明書類です。


どういうものかというと、例えば所得証明書や給与明細、あるいは源泉徴収票が必要になります。


今までに自分が利用した経験では、信頼してカードローンが組めた会社はどの会社かというと、三井住友カードローンが一番良かったと思いました。


大手銀行系は不安が少ないです。


それに、使いやすくて便利なのも良いですね。


条件に合わず希望する金額が借りられないといった話も耳にしますが、私はこれまで審査落ちの結果になったことはありません。


キャッシング初心者の方は間違えやすいのですが、キャッシングの契約ができる無人契約機は銀行のATMは別のものです。


契約機そのものは、ガイダンスに沿って自分で機械を操作しますが、実際に審査にあたるのは別の場所にいるオペレーターです。


無人契約機にはカメラが設置されているため、身分証明書の写真と食い違いがないか、様子に不審なところがないかなどを確認しています。


それに、向こうから質問してくることもあるでしょう。


時々、無人契約機は窓口に比べて審査が甘いと考える人もいますが、全くそんなことはありませんし、虚偽の申請は厳禁です。


学生でも何かとお金が必要になることが多いと思います。


そんな時に便利なのがキャッシングですが、20歳を超えていなかったり収入がない場合は金融機関のキャッシングサービスは使うことができないでしょう。


返済能力の有無がキャッシングサービスでは最重要視されるためです。


ただ、現状としてアルバイトしていると偽って申込している学生も多いことは事実です。


在籍確認もなく、公的な収入証明書もいらないため、誤魔化しやすいという背景があるからでしょう。


仮に、審査に合格できても返済金が工面できる予定もないのにキャッシングすると、後で苦しくなるのは想像に難くないでしょう。


06:54






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++