上手なキャッシング術

2017年08月13日(日)
【現金融資はカードを使って行うのがほとんどですが、昨今】
現金融資はカードを使って行うのがほとんどですが、昨今カードを持たなくても、キャッシングが使用可能です。


ネットからキャッシングの申込をすると、銀行口座に振込みしてもらえるのです。


カードがなくして慌てる心配がありませんし、早急にキャッシングが利用可能でしょう。


誰でもそうだと思いますが、キャッシングを使っていることは、あまり知られたくないものだと思います。


仮に、家族にも内緒にしておきたい時は、キャッシングカードの存在や業者からの連絡が家族の耳に入ることを防ぎましょう。


郵送以外でカードを手に入れる方法は、審査に通過した後、自動契約機を使えば、キャッシングカードを発行してもらえます。


郵便物については、あらかじめキャッシング業者に事情を説明しておくと、送らないように対応してくれます。


業者側も、こうした秘密にしたいニーズがあると分かっているので、不安なくお金を借りられるように、きめ細やかなオプションを付けてくれています。


新規契約時など、一定期間ゼロ金利というキャッシングサービスを見かけることが増えてきました。


実は、このサービスとIPO投資を組み合わせて運用すれば、莫大な利益が望めます。


無利息キャンペーンが適応されたお金で希望するIPOの抽選に参加します。


運よく当選すれば儲けになりますし、もし抽選に外れても、戻ってきたお金をキャッシング業者に全額返済すれば、金銭的な負担は無いでしょう。


ですが、間違ってもIPO投資以外の投資でキャッシングを利用してはいけません。


結果的に借金がかさむ可能性が高く、リスクが大きすぎます。


平成22年までにカードローンを使用していれば、払いすぎた利息(過払い金)がある可能性があります。


これまでの利用の中に過払い金があれば、過払い金請求をすることで返してもらえるのです。


ただ、扱いが債務整理と一緒になってしまう為、現在借入があるなら一括返済も同時に行わないと残念なことにブラック扱いとなってしまいます。


本来完済後に行うものなので過払い金の請求は必ず完済後に行いましょう。


テレビCMなどを見ても、キャッシングやカードローンの審査は、だいぶ緩くなっている気がしてなりません。


過去の融資審査といえば気が重くなるほどスローで、必要書類も多く融資実行までに何週間もかかる場合もありました。


形ばかりのオンライン化と違い、いまは個人情報確認もスムーズで、提示する書類も減り、数十分以内に審査が終わって、借りることが出来ます。


ダメならほかのところでやり直しもききます。


だからといって借りたい放題はできませんが、やはり時代の進歩を実感します。


17:24







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++